統合化リゾート(IR)産業の舞台裏

世界の潮流として”カジノ”という言葉は”ゲーミング”と読み替えるのがふさわしい.
夜明け前の日本のIRカジノ産業に役立つかも知れないさまざまな事柄について書いてゆきます.
<< そして2年後... 2008年10月 | main | 質問! そもそもカジノってどんなとこ? >>
カジノゲーム機ってどんなものか?
0

    さて、まずカジノゲーム機ってどんなものか、分かりやすい説明ができるか、とても不安。そこで少し現実をおさらいしてみますか...

    ボクもゲームのコンテンツ造りは素人だし... なのでゲーム自体はブラックボックスとして扱います。

    カジノゲーム機って普通のゲーセンで見かけるゲーム機や Wii などホームユースのディジタルゲームとどこが違うのか? 

    By Novomatic   By Octabian
    カジノスロット機の例

    ごく単純に言えば 「ゲームの勝敗にお金を賭けて、勝負に勝ては賞金がもらえ、負けたら賭金を失う」、それがカジノゲーム機。

    普通、日本のゲーセンなら、まず店頭でコインなどを購入し、ゲーム機へ投入してプレイし、勝てばコインが増えたり賞品をもらえるし、店を出るときはコイン等を賞品に替えるのが原則ですよね。

    ただしパチンコ/パチスロは別で、賞品を選んで持ち帰ることもできるし、ホールの外で現金に換えることもできている。

    いわゆる三店方式といわれる賞品の換金法で、賭博法による禁止事項を回避する手段とされているやり方。

    だから本物の「カジノゲーム機」を、日本へ持ち込むと「賭博機」として扱われ、商用に供することは禁止されている。

    >だったらカジノゲーム機の規格仕様なんで理解するだけむだじゃん、はいさよなら...

     ンじゃあ、このブログ終わっちゃうw...

    カジノゲーム機としてはスロットマシンが一番多い。世界中でスロットマシンってどれくらいあると思いますか?

    正解は 約140万台 (2008年)。 ラスベガス、マカオ、欧州、南米、南ア、豪州等を総ざらいしてもこんな数。

    他方、日本のパチンコ/パチスロ機は 約450万台 (2008年); つまり世界中のカジノスロット機の総数の3倍を越えるゲーム機が国内で稼働しているということ。

    もちろんカジノゲーム機はスロットマシンだけなく、さまざまなモノが市場に出ています。そのほとんどはディジタルゲーム機。日本のパチスロ等、人間が操作・介入できるモノをスキルゲームと呼んでいる。

    このブログではごく一般的なカジノ仕様のスロットマシンについてあれこれ書いてみたい。

    ボクの個人的な関心事はゲーム機(および周辺機器)の「カジノ仕様」にあります。例えば:

    * 「カジノ仕様」とはどんなモノか、誰がどうやって決めてるのか、

    * 国際的に拡がるカジノ市場で「カジノ仕様」をどうやって業界標準に取り込んでるのか...

    * 「カジノ標準」を業界に普及させ、製品やサービスに反映させる方法は何か...

    *その価値は何なのんか、

    そのあたりを知りたいんでね。


    | kensけん | カジノ一般 | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://casino-age.jugem.jp/trackback/11
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE