統合化リゾート(IR)産業の舞台裏

世界の潮流として”カジノ”という言葉は”ゲーミング”と読み替えるのがふさわしい.
夜明け前の日本のIRカジノ産業に役立つかも知れないさまざまな事柄について書いてゆきます.
<< IR事業とSOP(2) | main |
IR事業とSOP(3)
0

    S003_IR事業とSOP(3)

    さて,ケージの内側, キャッシュア窓口の内側は,現金とチップを格納する金庫室であると同時に,行程を担当する人間(複数)が所定の事務作業を行う場所でもある.現金とチップはモノとして在庫管理を行う一方,担当者の動作は管理され抑制されたものでなくてはならない.隅々までCCTVによる監視の眼が届く閉塞空間,金庫室なのである.

     

    CashierCageSkel

    CashierCageOperation

    ↑キャッシュアケージ(スケルトン) ↑稼働中のキャッシュアケージ

     

    そのためSOPにはキャッシュア窓口の内側で担当者,管理者の行動と責務を詳細に記述することが必要となる.職務の分掌は例えば担当者,監督者,管理者,責任者という職名(下位から上位へ)を定め,ある連携動作について職名ごとに執行者と管理者を決める.

     

    ここで読者は,いわゆるSOPなるものは一般の企業では社内規定(内規)と同じだと納得されるに違いない.その通りである.IR事業の一角にあるゲーミングフロア,その中で現金・チップ・カードを扱う場面でも,こと業務手順と管理規定にはごく普通のことが記述されている.

     

    問題はSOPという社内規定が確立しただけでは意味がないということである.規程はその目的を果たすため有効に適用して初めて意味を持つ.それではSOPを運用管理するため何が必要となるのだろうか? また規程を逸脱する事態が生じたときどう対処するのか? ここが勘所(運営ノウハウ)となる.

     

    SOPは原則,事業者ごとに設定するもので原則社外秘として扱う.しかし業界で長く実務に携われば,事業者は異なってもSOPは類似していくるはずである.その中で運営ノウハウ部分については経験を重ねることで属人的に蓄積される.その累積値はいわば企業カルチャーとして残るわけである.他方,ジョブホッピングなど,人の移動と共に社外へ伝播してゆくことも当然ありえることだ.ここを押さえるのは雇用契約を扱う人事部門とするのが普通である.

     

     

     

     

    次回は →「IR事業とSOP(4)」へ


    | kensけん | SOP - IR の実務 | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://casino-age.jugem.jp/trackback/20
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE