統合化リゾート(IR)産業の舞台裏

夜明け前の日本のIRカジノ産業に役立つかも知れないさまざまな事柄について書いてゆきます.
GSA/G2S
0

    v2.0 を読み解く(No.1)

    GSA_logo.jpg

     

     

     

    現在、v1からv2へのアップグレード版資料を解読中です。全体で1800ページを超える英文資料です。v1は翻訳済みなのでv2とすり合わせ、解読しながら更新作業を続けています。その過程で理解できた内容を順次、ここで公開するつもりです。
     

    | kensけん | 技術サブノート | 00:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    カジノシステム考
    0

       

      現代のカジノはマカオやラスベガスで見聞するとおり、ホテル、ショッピングモール、コンベンションセンター、スポーツ競技場、劇場等、もろもろを併設した複合観光施設(コンプレックス)です。

       

      この華やかなカジノ産業を支えているインフラのひとつがITシステムです。プレイヤに公正なゲームプレイを保証し、透明性の高い収益計算を実現することを要件としています。カジノが産業として市民権を獲得し今日にいたるまでの歴史は、公正さと透明性を確保するためのシステムを実現する歴史でもありました。

       

      日本を除く世界のカジノ先進国では、行政、開発製造、販売流通、カジノ事業者の四者が参画して、法制度に対する提言、業界標準仕様と規格認定方法の策定を行っています。各国の法制度を運用するためカジノ事業を管理する「カジノ委員会」が自治体の組織として設置されています。日本のカジノ解禁以後は、この法制/行政管理、業界標準をどのように日本化してゆくのか、興味のあるところです。

       

      日本ではまだ手つかずの分野、カジノ産業。世界規模では既にシステム技術標準 (GLI/GSA) が確定しています。日本のゲーム/ゲーム機/システムメーカーがカジノ向け製品を開発販売するには、さまざまにクリアすべき難題が想定されます。また海外のカジノ事情/製品化技術の動向/業界イベント G2E(グローバル ゲーミング エキスポ)等、最新情報も可能なかぎりレポートします。

      | kensけん | カジノ一般 | 07:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      GLI 標準
      0
        GLI_logo.jpg logo_BMM2.jpg
          

        GLI(Gaming Laboratories International)標準

         

        GLI 標準はカジノ仕様のゲーム機やゲームシステムの業界標準です。
         

        たとえばスロットマシンやゲームホスト機を開発し、マカオ市場で販売するためには、公的な規格検定機関 (例: GLI, BMM) へその製品の規格検定を申請し、型式認定試験に合格して認定書を取得しておく必要があります。
         

        この認定書をマカオ行政府へ提示することで初めて、ゲーミング製品をカジノ事業者へ販売可能となるわけです。
         

        マカオ市場でカジノ仕様のゲーム機やゲームシステム製品を販売するには、GLI-11および他の規格検定に合格するか、米国ネバダ州またはニュージャージー州のカジノ委員会が定める規格認定に合格して認定書を取得しておく必要があります。 

         

        | kensけん | 技術サブノート | 06:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << December 2019 >>
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + PROFILE