統合化リゾート(IR)産業の舞台裏

世界の潮流として”カジノ”という言葉は”ゲーミング”と読み替えるのがふさわしい.
夜明け前の日本のIRカジノ産業に役立つかも知れないさまざまな事柄について書いてゆきます.
kensけん
profilephoto
■ニックネーム
以前からこのハンドルで出てます(パソ通時代からw)

■関心事
2017年(現在) 昨年末(2016.12),IR推進法が国会を通過した結果,国内の関心事は法制度,行政による許認可の方法に集中している.折しもこの5月(9-12日),日本ゲーミング会議(JgC)が開催されて内外から相当数の参加者を集めた.でも推進法に続く実務法の出現までは,相変わらずの推測・憶測しかないのも事実.目下の関心事は国外のIR事業と比べたとき人件費・土地代などの高さと事業主体の組織に日本人がどれだけ対応できるかありかな.やるべきことは多いけど,自分は何をすべきかと自問することまた多くなるだろうな.

2006年ころからカジノのシステム技術;
その後、カジノフロアの運営実務を規定するSOP(標準運営手順書);
共に今後、日本のカジノ産業で不可欠な知見になると思われるので

  • 解禁前のいまやるべきことはGLI基準とSAS6.02を深く理解すること;
  • GSA基準(特にG2S)を読み解くこと;
  • 日本国内では誰がどう対応(対抗)するのかなぁ?
  • GLI/G2Sの翻訳データベース化(TRADOS)中;GLIは終了;G2Sに取り組み中;

■年齢
干支でいうと申年

■住んでるところ
山形...東京...船橋... HCMC/Vietnam... Bavet/Cambodia... Macau...

■好きなたべもの
味覚というなら故郷、山形の伝統的な季節の素材や果物...捨てがたい味覚



profilephoto


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE